ニュース2ちゃんねるまとめブログ

国内外のHOTなニュースに対する2ちゃんねるの反応をまとめています。

    国内外のHOTなニュースに対する2chの反応をまとめています。

    2016年06月

     

    :2016/06/16(木) 02:12:57.94 ID:
    血も涙もないんか怒!!!

    お前ら、血も涙もないんか怒!!!

    お前らもそやが、
    テレビでもアナや評論家、一般人のコメンテーターは、
    笑いながら、
    偉そうに、桝添を批判しておるんに、うんざり、や怒!!!

    桝添は悪いことしかしておらん人なんか怒!!!

    いいこともした、やろ
    桝添さんはいいこともたくさんしたお方。

    石原、猪瀬が拡大した
    東京オリンピック予算を縮小したし、
    カジノも反対したお方。



    また、
    九州の部落で育ち、
    父親が幼い時に死に、
    路地裏販売のような野菜売り、
    まさに、
    赤貧洗うが如き生活で、
    社会の最底辺から、
    持って生まれた頭の良さとバイタルな精神力で、
    日本の、東京の頂点まで登りつめた男、
    舛添要一。


    せめて、花道くらいはつくってやるんが、
    人の情け、やろ。

    引退の花道、リオオリンピックで引退の花道くらいは作ってやるんが、
    人の情け、やろ。
    【【東京】舛添知事の辞職が正式決定「都政の停滞耐え難く、私が身を引くことが一番」…都議会であいさつ ★4】の続きを読む

     

    :2016/06/15(水) 22:58:01.59 ID:
    伊方町民に原発避難シール

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8003149051.html?t=1465998429000
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    四国電力が来月下旬に伊方原子力発電所3号機の再稼働を計画するなか、
    愛媛県は、原発が立地する伊方町の住民を重大な事故が起きたときに
    迅速に避難させることができるよう、町内のすべての世帯に、
    自家用車に貼り付ける専用のシールを配布することになりました。

    福島第一原発の事故では、直後に、避難する住民などの自家用車などが集中して
    大規模な交通渋滞が発生し、大きな課題となりました。
    愛媛県は、伊方原発で重大な事故が起きた場合も避難に多数の自家用車が使われるとみていて、
    広範囲の住民が一度に車を使用すれば迅速な避難に支障が出ることが懸念されています。

    このため愛媛県は、原発の周辺に住んでいる伊方町の住民が迅速に避難できるよう、
    いざというときに目印として町の住民が自家用車に貼り付ける専用のシールを作りました。
    シールには、「避難車両」という文字が書かれています。
    交通整理を行う警察官などが伊方町から避難する住民の車だと一目でわかるようにすることで、
    誘導などが適切に行えるようになるとしています。

    あわせて、伊方町の住民が避難するときに自宅に目印として貼る
    「避難済」と書かれたシールも作成しました。
    避難時の安否確認を進めやすくするのが目的で、避難先なども記入できるようになっています。

    2種類のシールはそれぞれ5000枚作られ、伊方町が、来月以降、
    自主防災会などを通じて、町内のすべての世帯に配布することにしています。

    06月15日 18時53分
    【【ビバ!原発城下町】原発事故発生時、原発周辺住民の車だからと優先して走らせてくれるシールを愛媛県が配布】の続きを読む

    :2016/06/16(木) 04:53:06.40 ID:
    無免許死亡事故の被告に実刑
    (あおもり県)

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www.nhk.or.jp/lnews/aomori/6085943891.html?t=1466019825000
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    ことし3月、田子町で無免許の状態で車を運転中、女性をはね、死亡させた上に、
    妻に身代わりを頼んだなどとして、無免許過失運転致死などの罪に問われた64歳の被告に対し、
    青森地方裁判所八戸支部は
    「身勝手な動機に酌量の余地はない」
    と指摘し、懲役2年4か月の実刑判決を言い渡しました。

    この事故は、ことし3月下旬、田子町の県道で、近くに住む谷地ミツイさんが(当時68)軽トラックに
    はねられたもので、谷地さんは事故の5日後、入院先の病院で死亡しました。
    この事故で、岩手県二戸市の農業、たか森一男被告は(64)無免許の状態で車を運転し、
    谷地さんをはねて死亡させた上に、妻に身代わりを頼んだなどとして、
    無免許過失運転致死や犯人隠避教唆などの罪に問われています。

    15日の判決で、青森地方裁判所八戸支部の遠田真嗣裁判官は
    「被告は危険性を認識しながら無免許運転を繰り返している。身勝手な動機に酌量の余地はない」
    と指摘し、懲役2年4か月の実刑判決を言い渡しました。

    たか森被告の弁護士は控訴するかどうかについて被告と話し合って決めたいとしています。

    06月15日 15時29分
    【【裁判】無免許で死亡事故を起こし妻に身代わりを頼んだ男に懲役2年4か月の実刑判決】の続きを読む

     

    :2016/06/14(火) 19:57:19.67 ID:
     
    清川村で自転車事故増加 愛好者のマナー向上を

     近年、サイクリング愛好者が多く訪れる清川村最大の観光地・宮ケ瀬湖で自転車の事故が増えている。
    2016年度は「自転車交通事故多発地域」に初めて指定された。
    増加する愛好者に対し5月下旬には湖畔に専用の誘客施設「自転車の駅」も完成しており、現地では関係者がマナーアップなど
    安全運転を呼び掛けている。

     自転車交通事故多発地域は、人身事故に自転車が関係するものが占める割合が県平均を上回った市区町村を県が指定。
    村内で15年に発生した15件の人身事故のうち、自転車が関わったのは4件。
    割合は県平均の21%に対して26%に上昇。ちなみに14年の自転車事故は1件のみだった。

     村を管轄する厚木署によると、15年の自転車関連事故は▽3月22日、煤ケ谷の県道で伊勢原市内の男性(54)が車と接触
    ▽5月8日、煤ケ谷の県道で平塚市の男性(39)が右折車と衝突▽5月17日、宮ケ瀬の県道で東京都世田谷区の男性(37)が
    車と正面衝突▽8月14日、宮ケ瀬の県道で京都市の男性(31)がバイクと正面衝突。

     いずれのケースも運転者はヘルメットを着用しており、軽傷で済んだ。
    4人は村外在住者だったことからサイクリングで訪れ、事故に遭ったとみられる。

     同署交通課は「安全確認が不十分だった」などと原因を分析。
    スポーツタイプの自転車がかなりスピードを出している姿も散見されることから、5月28日に津久井署と合同で宮ケ瀬湖周辺を
    走行する自転車利用者を対象とした事故防止キャンペーンを初めて現地で実施、チラシを配布した。

     宮ケ瀬湖に通じる村内の県道は片側1車線。
    急勾配でカーブが連続する区間や、集落内でセンターラインもない狭い箇所もある。
    村は「湖畔を自転車で風を切って走るには気持ちのよい季節になったが、事故のないよう安全運転を心掛けてほしい」と訴え、
    マナーアップを呼び掛けるのぼり旗を設置した。


    続き
    http://www.kanaloco.jp/article/179123
    【清川村、宮ケ瀬湖周辺で自転車事故増加】の続きを読む

     

    :2016/06/14(火) 16:47:46.61 ID:
    重傷事故で巡査書類送検 宮城県警公表せず

    宮城県警機動警ら隊の20代の男性巡査が2015年7月、仙台市内で重傷交通事故を起こし、
    自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで書類送検されていたことが14日、分かった。
    県警は「発表基準を満たさない」として、事故を公表していなかった。
     
    県警によると、男性巡査=当時(21)=は15年7月3日午後2時ごろ、
    青葉区鷺ケ森1丁目の県道仙台泉線で、自家用車を運転中に対向車線にはみ出し乗用車と衝突、
    車3台が絡む事故に発展した。
     
    衝突された乗用車の男性2人が足や肋骨(ろっこつ)を折るなど大けがをした。
    原因は男性巡査の不注意による運転ミス。男性巡査は昨年秋に略式起訴され、罰金刑を受けた。
     
    県警交通指導課によると、交通事故の発表基準は「命に関わる重傷事故」「社会的反響が大きい」
    「逮捕された場合」の三つ。同課は「命に関わる重傷事故ではなく、勤務中でもなかった。
    同様の事案は今後も発表しない」と説明した。
     
    県警では同時期、同じ機動警ら隊所属の男性巡査長が酒気帯び運転と当て逃げの罪で略式起訴された後、
    懲戒免職となっていた。

    河北新報
    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160614_13064.html
    【【宮城】重傷交通事故を起こした男性巡査を書類送検…宮城県警は「発表基準を満たさない」として事故を公表せず】の続きを読む

     

    :2016/06/14(火) 17:52:01.53 ID:
    タブレット端末をテープで固定しようとしたら
    間違えて何人か通報してしまったらしいw


    【【 速報 】 野村奈央 「もう朝のような事故は起こさない、切断されたくないから対策万全。」wwwwwwwww】の続きを読む

     

    :2016/06/13(月) 19:58:10.15 ID:
    川内村の避難指示、全面解除へ…住民帰還が課題
    読売新聞:2016年06月13日 19時38分
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20160613-OYT1T50076.html?from=ytop_main4

     福島県川内村の一部に残った東京電力福島第一原発事故の避難指示区域が14日午前0時、解除される。

     同区域が全て解消されるのは、2014年4月の同県田村市、15年9月の同県楢葉町に続いて3例目。

     対象地域は、2014年10月に村東部で大半が解除された残りの同区域で、住民登録は19世帯51人(今月1日現在)。
    帰還困難区域に次いで放射線量が高い居住制限区域から、最も低い避難指示解除準備区域に再編されていた。

     14年10月に解除された地域で帰還したのは58人で、住民登録する270人(同)の2割程度にとどまっており、村は住民の帰還をいかに進めるかが課題となっている。
     
    【【福島第1原発事故】川内村の避難指示、14日午前0時全面解除へ…住民帰還が課題】の続きを読む

     

    :2016/06/14(火) 08:49:29.71 ID:
     国道でレースをしていたとみられる車がタクシーに衝突しました。

     山本優也容疑者(20)と山本昇太容疑者(20)は12日午前4時半ごろ、広島市の交差点で車をタクシーに衝突させ、運転手と乗客に軽傷を負わせた疑いなどで逮捕されました。
    2人は事故直前、速さを競うレースをしていたということです。
    調べに対して容疑を認め、信号が赤と気付いたが止まらなかったとも話しているということです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160613-00000033-ann-soci
    【【事故】国道で“レース” 信号無視か…タクシーに激突】の続きを読む

    :2016/06/13(月) 18:25:40.01 ID:
    救急隊 現場を間違え到着6分遅れる 東京・大田区

     12日、東京・大田区のトンネルで起きた死亡事故に出動した東京消防庁の救急隊が
    間違えて名前が似た別のトンネルに向かってしまい、到着が6分ほど遅れていたことが
    分かりました。東京消防庁は「到着の遅れと死亡との因果関係はないと思われるが、
    再発防止に努めたい」としています。
     
     12日午前11時すぎ、東京・大田区羽田空港にあるトンネル内で観光バスが自転車と衝突し、
    自転車に乗っていた76歳の男性が死亡する事故がありました。

     東京消防庁によりますと、この事故で出動した救急隊が、事故現場である環状8号線の
    「空港トンネル」ではなく、近くの国道357号線にある「空港南トンネル」に向かって
    しまったということです。救急隊は、到着した際に間違いに気付き、すぐに事故現場に
    向かいましたが到着が予定より6分ほど遅れ、救急隊員は「勘違いして間違えた」と
    話しているということです。

     救急隊が到着した際、男性は心肺停止の状態で、その後、搬送先の病院で死亡が確認されたと
    いうことで、東京消防庁は「到着の遅れと死亡との因果関係はないと思われるが、2度と
    起きないよう再発防止に努めたい」と話しています。

    NHK 6月13日 18時20分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160613/k10010555061000.html
    【【社会】死亡事故に出動の救急隊、現場を間違え到着6分遅れる 「空港トンネル」を「空港南トンネル」と勘違い】の続きを読む

     

    :2016/06/12(日) 21:14:55.63 ID:

    水上バイクがボートに衝突 男児2人死亡 木曽川 6月12日 20時55分


     12日午後、岐阜県羽島市の木曽川で、水上バイクがレジャー用のボートに衝突して
    男女5人が投げ出され、このうち11歳と3歳くらいの男の子2人が死亡し、3人が、
    病院で手当てを受けています。

     12日午後3時前、岐阜県羽島市下中町城屋敷の木曽川の右岸で、
    「水上バイクが、レジャー用のゴムボートに衝突した」と消防に通報がありました。

     警察や消防によりますと、この事故で、ゴムボートに乗っていた子ども3人と大人1人、
    それに水上バイクを操縦していた大人の女性1人の、合わせて5人が病院に運ばれました。

     このうち11歳と3歳くらいのいずれも男の子2人の死亡が確認されました。
     ほかの3人も病院で手当てを受けています。

     現場は木曽川橋の下流1.5キロメートルの地点で、警察などによりますと、この辺りは、
    水上バイクのスポットとして知られ、週末は、水上バイクを楽しむ人たちでにぎわうということです。

     警察が、事故の詳しい状況を調べています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160612/k10010554051000.html
    【【事故】 女性が運転する水上バイク  ゴムボートに衝突 3歳と11歳の男の子死亡】の続きを読む

    このページのトップヘ